Top
屋根葺き替え相場の根拠
お助け隊が
信用される理由
相談・質問
工事依頼
このサイト
の責任会社
サイトマップ

工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


瓦屋根の下の様子と、新たな葺き替えの工夫
 40年以上古い瓦屋根の瓦の下には、どうなっているか? 左の写真が、瓦を1毎剥がしたところの様子です。 赤い矢印が下地のバラ板
(野地板)です。 埃を被って乾燥していますが、腐ってはいません。 防水材のルーフィングは
多分塩ビで、すでに朽ち果てていて防水機能は
失われています。 瓦の隙間から雨が入り込んだら即雨漏りになります。 風のない雨であれば
瓦が雨の進入を防いでくれますが、横殴りの雨
では、瓦の隙間から入り下地を抜けて小屋裏へ
雨は進入してしまいます。 

 築瓦の撤去、瓦の施工・引っ掛工法

<img src="underRoof" alt="写真 古い屋根の瓦をとったところ" />
  このサイトのトップにある、瓦屋根葺き替え時、古い瓦を撤去したところの写真です。 
中に古い瓦の残骸、ごみが散在しています。昔の職人さんは、おおよそこのようにゴミを
降ろすのが面倒なので、瓦の下に置いていったのです。 
防水シートはありません。 ベニア板のところどころが白くなっているのは、瓦の隙間から浸入した雨水が滞留した為にできた跡です。 この雨水が、ベニアを腐食させると雨漏りが起こります。 今、防水シートは必須であることがこれでより理解できると思います。
 
<img src="underRoof2.jpeg" alt="新たに防水シートを被せた屋根" />
   防水シート、桟木(さんぎ:横の角材)を施工したところよく見ると
桟木に切れ込みがあります(下の写真)
 

  <img src="underRoof2.jpeg" alt="新たに防水シートを被せた屋根拡大" />  
  赤く丸で囲ったところに、桟木の切れ込みが見られます。 これは、瓦の隙間から進入
した雨水を、防水シートで受け、桟木の切れ込から逃がしてしまう仕組みです。 
これにより、瓦の下に雨水が滞留するのを防いでいます。 
ちょっとしたことですが、非常に大事な工夫です。
 

 雨漏りの瓦屋根、雨漏りの様子、理由

   左の写真は、天窓の下の瓦部分から雨漏り
がしていました。 外観は、そんなに傷んでいる
とは、思えないのですが、瓦を剥がして下地の
様子を見てみたら ・ ・ ・ 
 雨漏りの現場です。
     
  写真2; 瓦を剥がしたところ 写真3; 一番疑わしい個所  
  写真2、3は、瓦を撤去した直下のものです。
瓦を支えていた、桟木(横方向の角材)が、度重なる湿気、雨水の影響で、腐り、腐食
している様子がよく分かります。 そして釘を錆びつかせ、またはルーフィングを傷めて
しまっています。 何故ルーフィングが傷んでいるのか? 不明ですが、この頃の
ルーフィングは、アスファルトを使っているのですが、経年変化によってアスファルト成分
が失われて、防水機能が失われてしまったと思えます。 
 

このサイトのトップページへ

屋根工事お助け隊が提供するHPです。 屋根の葺き替えに必要な情報をどこよりも正確に
多く、お客様の知りたい事柄を発信しています。 屋根・屋根葺き替えのことなら、屋根工事お助け隊へ
Nobilis Works 「屋根葺き替え・情報」/copy right all reserved